ドスガトス

アクセスカウンタ

zoom RSS プレクリスマスメニュー

<<   作成日時 : 2010/12/17 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、クリスマスにどうしても時間が取れないというお客さんのために、プレクリスマスメニュー
画像


全部見せるとサプライズなくなるので、ちょっとだけ見せようかな?メインディッシュは仔豚君です!
皮はぱりっと焼き上げ中はジューシーに、スペイン伝統料理仔豚の丸焼きを、お皿の上で、小さなポーションで再現。

画像


この子豚君、バルセロナの中心にあるサンジョセップ市場(土地っこには通称ボッケリア!という愛称で呼ばれている)の入り口入ってすぐ、左側にある有名な子豚屋さんの写真です!このまま出す訳じゃなく、ちゃんとこんがり焼いて料理します。当たり前ですが!

画像
画像


イベリコ豚のハモン盛り合わせ!全部イベリコ血統保証付き!
腿の部分のはグランレセルバ3年熟成されたうまみが凝縮された生ハム

イベリコ豚って、焼き肉屋さんや、ファミレスですら見かけるようになったけど、そんなに生産量多くないんだよな〜


モンタネールといって秋口から冬にかけてワインのコルク樫の木の山で放牧され一日10キロほどの樫の木のドングリを主体に食べ一日1キロずつ大きくなるイベリコ豚。一頭あたり最低2ヘクタールもの山林面積が必要なので大量生産絶対ムリ!大量生産型はお父さんだけイベリコ豚で、オカーサンは普通のセラーノ豚。そんな家庭?に生まれた子豚君の骨格はとっても華奢で樫の木の山林を斜面上ったり移動するのはムリかな。斜面で転んで骨折??

掛け合わされた豚君達は、ドングリの入った配合飼料で育てられ、メニューに表記義務のあるスペイン以外の国でたくさん消費されているみたい。イベリコ豚と大手を振って書けますからね!?

画像



前菜3品盛り合わせは
マグロのタルタル、モルシージャというブラッドソーセージをベースに子豚の肉と米、レバーを合わせ、テリーヌに構築し直した一品。もう一品は、エスカリバダというカタルニア伝統料理にまたも伝統的なスペインのバカラオ、塩ダラ
を合わせたもの!

伝統料理の分解と再構築!
スペイン料理を基本にあんまりとんがった、創作料理ってやりたくないんです!
そっちは、ネタに詰まったフレンチに任せたいです?

おっと爆弾発言。

ドスガトスは看板にスペイン料理って書いてあるからね!

パエリャはぱっと見た目、地味なアロスアバンダ
画像


全く具がありません?でも、、、内緒!

カタルニア風、マル イ モンターニャ 意味は海の幸と山の幸
僕の出身地和歌山雑賀崎から届いた天然の車エビと鶏肉をトマトとウイキョウのソースで煮込んだ伝統料理。

この辺は画像出さないで、じらします?

 
さて、そのほかの料理、あんまりネタばらすと、料理出したときのサプライズなくすから、内緒にします。

画像

今飲んでるワインはベガバルプラタ ラマンチャのバルデペーニャス地域のセンシベルというスペイン独自品種テンプラニージョの土着品種で作られたおいしい赤ワイン
画像

飲み過ぎないで帰ろうかな!すでに結構飲んでます??
今日は忙しかったから、顔が疲れてるかも。でも飲みます!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレクリスマスメニュー ドスガトス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる