ドスガトス

アクセスカウンタ

zoom RSS リオハワインは優しい味

<<   作成日時 : 2011/01/09 00:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

ワイン好きのお客さんが飲んで絶賛、記憶力無くしていた僕は仕事あと、味の再確認のため開けて飲んでいます。
リオハ capitos 2006 http://www.bodegasaltanza.com/
画像


リオハ アルタ地区のワイナリー、アルタンサのスタンダードラインの一本、ミディアムボディーのしっかりしているけど、余韻のすっきりしたリオハらしい赤、テンプラニージョ100パーセント

発酵はオークの大樽で、伝統的な作り方と新しい発酵理論のバランスができた きまじめな作り手だなぁと。

今日のメインの蝦夷鹿の力強いジビエにも負けないし、その前のコース、漁師風パエリャのしっかりとした魚介の出汁とも決してけんかしない優しさ合わせ持っています!アフターに残る心地よい酸味が、柑橘系の酸味に感じられるので、魚との相性もいいのでしょう。

再確認してよかった!ワインって美味しいなぁ〜

最近ワインリストにオンリストはしていたけど特にお勧めしてなかったけど、ちょっと押してみます。

画像


漁師風のパエリャとは合わせてもOK!

セコ蟹の身をほぐし、味噌と一緒にトマト、ソフリートと一緒に甲羅に詰めて焼いたバスク風のシャグンロとはちょっと、(蟹味噌の旨みがきついので赤ワインのタンニンと相性が悪いです。)でもいやな感じにはならないので、大丈夫。
リオハの赤の優しさがそのあたりをうまくカバーしています。
画像

蟹は、スペインでもごちそうです。バルセロナとかの地中海側より、うまいのは大西洋側、特に北西部のガリシア。
ガリシアではゆでた蟹を山のように皿に盛ってきたのを食べました。
画像

この蟹はバルセロナのサンジョセップ市場で撮った写真ですが、ガリシアの漁港、ビゴからの空輸もの。ブエイという蟹です。うまい!

ガリシアとかバスクの写真いっぱいあるけど、まだデジタルじゃなかったんですね〜そのうちデータ化するか,また行きます!

今日のランチタイムは、谷 めぐみさんがいらっしゃりました!

画像


http://www.e-yakushiyo.net/Tani_Megumi.htm

1980年代、同時代にバルセロナで同じ空気を吸っていたのですが、向こうでは交流はなく、でもどこか街角ですれ違っていたかもしれません。谷さんと話すと、会話のテンポ、日本語ですが、スペインペースになります。

3月ドスガトスにて谷さんリサイタル企画中! 詳しくは、ちゃんと決まってから!そのうちお知らせします。

斉藤克己氏のフラメンコライブもまたやります。こちらも彼ともう少し一緒に飲んで話し進めます?

こうご期待!


スタッフと試飲してたら、ワインなくなっちゃいました。
困ったな〜?

困らないで帰ります。昨日より寒さましですが、今宵も冷えます!

皆さんも風邪など引かないように!ワインのポリフェノールしっかりとりましょう???
違いましたっけ?ビタミンCでした。

和歌山ミカンたくさん食べてください!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はごちそう様でした。美味しかった
確かに、Sr.Takamoriとお話しする時はスペインペース。今、自分がどこにいるのか分からなくなります…(笑)
3月よろしくお願いします。楽しみにしています。
megumi
2011/01/09 19:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
リオハワインは優しい味 ドスガトス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる