カタルーニャからクリスマスプレゼント

バルセロナからの友人から、クリスマスプレゼントが届きました!
CAGA TIO カガティオという薪に顔を描いて簡単な足をつけた素朴な人形と、トゥロンというアーモンドを使ったヌガーみたいなお菓子。

カテルーニャの伝統行事で、クリスマス前にこの人形を部屋の隅に飾り、ブランケットを掛け、カタルーニャの赤い帽子をかぶせます。そして子供達はこの人形の前にお供えの食事を置き(夜にこっそり、親がその食事を食べるなどして片付けます)
画像


画像
そして、カガティオ、カガティオ、トゥロンのウ○コしろ!塩っ辛いニシンのウ○コじゃなくて、トゥロンの、、、
画像


棒で、この人形の背中をペシペシ叩きながら歌います!
そうすると25日の朝、人形にかぶせてあるブランケットの下をのぞくと、トゥロンなどのお菓子がプレゼントとして現れます。

店に飾っていますが、この人形の由来や歌の話、食事中のお客様には、説明不能です。
全く、カタラン?語れません。

カタルニア人、結構まじめで、働き者、しかも時間にルーズじゃない、芸術や建築物もすばらしい、カタルニア料理は新旧すばらしいものがあるのですが、でもなぜかウ○コ好きです。
クリスマスには聖書の物語を箱庭風に飾る習慣があるのですが、そこにも、ウ○コ人形を飾ります。最近、中村俊介やオバマ大統領のウ○コ人形なども、あるらしい?その時代のトピック的な有名人は必ずウ○コ人形にされます!
日本の首相はまだ出てないです?

中世の農民が大地に栄養を返すという意味合いから生まれた習慣だそうです?

スペインにはサンタさんいなかったのですが、最近はサンタクロースのクリスマス用装飾も見かけるようになりました。

この時期バルセロナの中心の大聖堂カテドラル前の広場では、クリスマス用の装飾品の市が立ちます。そこでもたくさんのカガティオスが売っています。

今日は口に入る料理ネタあえてしません?
フェリス ナビダー

カガティオで検索するとおもしろいネタいっぱい出てきますよ、画像も?

でも、ワインは飲んでます!
画像

画像の後ろに写っているのは、25年以上着続けている、あのロエベのバックスキン革ジャンです!父親に買った革ジャン、いまは思い出の品として、僕が受け継いでいます。

セニョリオ・デ・サリア クリアンサ 2007

ドスガトスのハウスワインです!
スペィンのワイン品種を代表する葡萄テンプラニージョとほんの少しのカベルネソービニオンをブレンドした、非常にバランスの良い赤です。だからハウスワインにしてます!もう30年以上飲み続けているワインで、僕のワイン評価の基準ワイン。何本飲んだか数え切れないでしょう、星の数より少ないけれど???

味にはまったく関係ないけど、このワイナリー フランシスコザビエルの親戚です。

飲み飽きません。毎日飲めます、飲むなって?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

borracha
2010年12月19日 00:25
カテドラル前、今頃にぎやかでしょうね。
turrón大好き!カロリー満点で太るけど…。
borracha
2010年12月19日 00:28
スミマセン。↑西語入力したら文字化けしました。
ドスガトス
2010年12月21日 17:39
街のイルミネーション、東京みたいに派手じゃないけど、カトリックの歴史感じさせてくれるし、カテドラルの前も、なんだかわくわかす賑やかさでしたね!懐かしいな。さすがにドスガトス始めてからは、クリスマス前なんて絶対にバルセロナいけませんので、思い出の中で楽しむだけです。
いざクリスマスになると、みんな実家に帰ったりで、レストランですらお休みになり街は静かだったなぁ~教会のミサが終わると、人通りは行き場を失った観光客ぐらいでした。1980年代前半の話なので、昔話です。
dosgatos
2011年02月02日 21:12
スペインのクリスマス、最初の年に食いっぱぐれました。レストランクリスマス休暇だったのでマドリッドに遊びに行って遊ぼうと思ったら、すっかり食事処お休みで、探しに探してやっと駅の中にあるバルでぼそぼそのボカディージョにありつけました。

この記事へのトラックバック