ワインEDETARIA & 吉祥寺猫めぐり!ネコとワインの休日

カタルニアの、DO テラ アルタ プリオラート地区の近くです。
画像


高輪のインポーターさん、オーデックスさんお邪魔しました!

まずは、ワイン講習も受けました、、普段立ち仕事なので、長時間座っていると疲れます??

画像


今日のテーマのひとつは、ワイン用ブドウ品種、ガルナッチャについてでした。フレンチで言う、グルナッシュです。

このブドウの原産地は、スペインのアラゴンだという説が有力です。

赤の方がよく知られていますが、ガルナッチャブランコ、白ブドウもあります。


画像

ファン・アンヘルさんとその奥さん、もう一人は、町田のCASA MALLA カサ・マイヤの増渕友子シェフ。彼女はずっとカタルニアの田舎のレストランにいたので、カタラン語が上手い!すごいなぁ~、、、、http://casamalla.exblog.jp/

ぼくがバルセロナにいた1980年代は、ぼくと同年代やその前後のカタルニア人も、フランコ独裁時代に教育受けていたので、みんなカタラン語あんまり話せませんでした。フランコ時代は、カタルニア語禁止されていたのです。だから、バルサとレアルマドリーは、仲が悪い!

歴史的には、もっと昔から、確か14~5世紀から仲悪いです。この当時はバルセロナは自治政府で、独立していたのですが、スペインとフランスの連合軍に敗れ滓てぃーゃの中央政府に征服されてしまったのです。この話は長くなるので、、、

画像

この写真は、エデタリアの葡萄畑の地層の写真です。様々の地質が層になり、いろんなミネラル伸そうに葡萄の根が張っていきます。だから、ここのワインを味わうと、心地よいミネラルの風味を感じることが出来ます!


ガルナッチャブラン Via TRRA blanco
ガルナッチャブラン100%で、タル熟無し、この葡萄の特徴で、トロピカル系の香りはせず、桃のような果肉の白い果物と、フローラル系のアロマ、きりっとすっきり系でミネラルも。


もう一つの白、
EDETANA BRANCOは半分はステンレスタンクで、オリと共に熟成、残り半ぶんはタルのなかで、オリと共に熟成。その二つを合わせ、瓶詰め。樽香は、主張せず、葡萄の本来の味香りの邪魔しない程度に、しかし、複雑さはましている!

ナイスです!

画像

赤は、、ガルナッチャのワインの癖みたいで、とにかくアルコールが高い、14%から15%オーバーなのに、アルコールは暴れていないで、少し温度下げると、優しい輪郭さえ有ります!
画像


今日は講習で、ガルナッチャッ・ペルーダというのを知りました!
赤のガルナッチャですが、葉っぱの裏に気のようなものが生えていて、乾燥に強い品種。色は少し淡いのですが、この葡萄を通常のガルナッチャとブレンドすると、より柔らかい味わいが演出できるとのこと、、、テイスティングで確かめました!

画像


画像


http://www.edetaria.com/

インポーターさんの森さんも一緒に記念撮影!

もう一見試飲会場は私語しようと思っていたのですが、、、断念!1日2会場はキツイ???
この会場で、来ていた人と会話も盛り上がり、長居しました。

ちょっと新宿寄り道、キリンシティー新宿東口店で、ビールで喉潤し少しつまんで、、、
10月の終わり頃、在米の写真家さんとその友人がちょこっと集まる場所のリサーチに。
https://www.facebook.com/#!/pages/Kiyomichi-Koike-Photography/126409184100735

吉祥寺に戻り、、、、今日も「猫めぐり」
画像

猫カフェです!キャリコ 久々の訪問????

なじみのネコはいません!
画像


今日はこの子に気に入られたみたいで、ずっと横に来て寝てました、長毛のベンガルさん!名前は「葉月ちゃん」

画像


時々他の猫もやってきて、まだ子猫のこの子は、、痛てっっ~手にかじりついていきました、まだ子猫なので、カフェ慣れしていないとお店の人が言ってました????
画像


画像


画像


猫とワインの充実した一日でした!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック