Gazpacho ガスパチョ 2014版レシピ公開

梅雨空ですが、晴れた日は夏空になってきました。

そろそろ、ガスパチョシーズン最盛期に!

画像


材料
トマト1キロ、パブリカ500g、キュウリ400g、新玉葱250g、ニンニク2片、バケットの白い部分40㎝分?、白ワインビネガー130~150cc、ピュアーオリーブオイル200cc、水1リットル、塩全体重量の1% (注 キュウリは出来れば加賀キュウリ、無ければ通常のもの)

まず、完熟トマトを手に入れます、さらに1~4日追熟し真っ赤な状態に!ちょっと皮が弾けて割れるぐらいがベスト?
これぐらい、完熟させるとトマトに自然な植物性乳酸菌が生まれてきます。(有機栽培に限る。)

パブリカ、キュウリは皮を剥き種も取り除き、適当な大きさに切ります。

玉葱、ニンニクは皮を剥き、これも適当に、、、切ります。

すべての野菜を大きめのポットの切り入れ、水と、パン、塩を入れ、冷蔵庫で1晩寝かせます。

画像


ミキサーを用意しビネガーと、寝かせた野菜カップ2杯分ぐらいを入れ、粉砕。

オリーブオイルを少しずつゆっくりとミキサーをまわしながら加え、オイルとビネガーをしっかり乳化させます。

入荷した液体を、野菜の入ったポットに混ぜ合わせます。

すべての材料をミキサーで粉砕し、ムーランなどで裏ごししていきます。

画像


画像


画像


このままでもOKですが、ドスガトスがこの半量をさらにムーランで漉します。漉したものと漉さないものを合わせることによって、より滑らかな仕上がりに持っていきます。

これで完成ですが、後2~3日冷蔵庫で寝かせます。味わいはまろやかになります。

調理器具、その他の滅菌をしっかりしておけば、1週間以上保存可能です。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック