Ajo Blanco 白いガスパチョ

Ajo blanco アホブランコ 

画像


スペイン語でアホはニンニクの意味、ブランコは白い。

白いガスパチョです。

赤いトマトのガスパチョの方が、スペインでも一般的ですが、

アンダルシアでは白いガスパチョもあります。

コロンブス新大陸以前、

トマトが伝わる以前

もっと昔の、イベロ族の時代、紀元前ぐらいかな?

本来の、古い時代のガスパチョは白かった!

プリニウスの博物誌時代、イベリア半島のパンを水浸しにした白い冷たいスープ。

トマト新大陸から伝わって以降、赤いのがガスパチョになりました!

材料は

アーモンドスライス500g バケットの白い部分180g、ニンニク5片、水800cc、塩、オリーブオイル50cc、ビネガー少々

浮き実に、葡萄、リンゴ、プラムなど甘酸っぱいフルーツ。

アーモンドは一晩水に漬け込んでから、滑らかなペーストになるまで、すり鉢で。ぼくは、

画像


ミルサー使ってます。けっこう便利?

ミキサーで、オリーブオイル以外のすべての材料を滑らかになるまで粉砕し、最後にオリーブオイルを少しずつ乳化させるように合わせ、塩味を調えます。

酸味は、赤いガスパチョの1/10以下の味に調整。

裏ごしし滑らかな状態に。

冷蔵庫で1日以上寝かせまろやかさを出します!

スープ皿に盛りつけ、フルーツを浮き実に。

ビネガーは白ワインビネガーを使いますが、僕は味がまろやかなシードルビネガーを使います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック