スペイングルメワインフェアーに行ってきました!

もしかしたらフェアーの名前違うかもしれませんが、たぶん似たような名前だったと思います?
画像

スペイン大使館商務部主催、スペインのワイン食材のインポーターさんが集まっての商談会のイベント!
こんなネクタイした営業の人がいっぱいいます?いませんです、一人だけですが、なんだか良い感じなので、。
某イポーターS社のI氏です、関係者見たら一発、あぁ~彼ね、、、、

何社かの人から誘われていたので、ちょっとだけ顔出し?のつもりでしたが、、、
画像

生ハムのいくつか新しいのを味見して、、
フィンガーサイズのチョリソも見つけ、、でもこれはレストラン用じゃないな!BAR向けです。
画像


ぼくが日本帰ってきてから、初めて畑とワイナリー訪問した カタルニアのJEAN LEON 今は先代のオーナーが亡くなって、ミゲルトーレス社の息子さん(ドスガトスにいらしたことあります)が社長になっています。
今回インポーターさんが変わったので、ちょっと挨拶に。
画像


古いつきあいの日西商事さん。
ここの、セニョリオ・デ・サリア、もう30年以上飲み続けているワイン、しかも普段はドスガトスのハウスワインに使っています!
画像

あれっ、チケットが変わってる、もちろんビンテージも。

春ぐらいから、サリアの赤、味が変わって、ちょっとワインの状態あまり安定してない印象持っていたので、

ここ数ヶ月ほとんど売っていませんでした。

新しいチケットのサリア赤のクリアンサも試飲、、、?????
かなり良くなっていますが、ちょっと違和感?????

画像


理由わかりました。このワイナリーの醸造責任者だったオジイちゃんが辞め、今別の醸造責任者に代わったらしいのです、、、、前回のロットは思考錯誤が裏目に出たらしい。

しばらく様子見です。

画像

ウサギがかわいい!それだけでした????

画像

いつもお世話になっているチーズ屋サンとこで、新しいのとか最近ドスガトスで扱ってなかったチーズも試食!

画像

ファウスティーノ1世という、リオハの有名なハイクラスの赤ワインです。
すごくスムース、でもしっかりとしている、バランスも良い!でも、昔、ぼくの大嫌いな赤でした。

以前別の輸入業者が扱っていた時は、酸が気になりすぎ、これは正しい酸化熟成なのかと、輸入元に問い合わせたことがあるほどでした。返事は、それは、このワインの特徴ですとのこと。

ちょっと前から、輸入業者が、仲のいい、アルフォンソのいるユニオンリカーに代わってから試飲すると、
全然変わって、酸尖ってなくて優しい味に。バランスもいいし優雅な赤ワイン。

前の輸入元の扱いが悪かったのが原因で、酸化してたみたい。

その内また、ファウスティーの一世、ドスガトスのリストに復活します。

Condes de albarey ガリシアリアスバイシャスの白、ドスリストに載っているのがビンテージかわってたので味見!
とかしていると、

知った顔が近くにいたのでみんなで撮影!
画像

仲の良いスペイン関係者、でっかいのはアルフォンソ君、スペインワイン祭り仕掛け人の竹ちゃんと、、菊池君も。アルフォンソの隣の女性は、今回初来日コンデスデアルバレイの輸出担当者。彼女はこの写真のメンバーはみんなスペイン語できるので、ホッとしてました?

画像

さて、六本木から吉祥寺戻り、元気に仕事です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック